カラオケなどのあるあるを面白がる

20代の頃に彼氏や友人と頻繁にカラオケに行き、楽しんでいました。
しかしそんなカラオケでも様々な出来事が起こります。

私は二人で行くことが多かったのですが、順番に歌っていくので、
相手が歌っている時に曲を探すのに必死で
相手の歌をじっくり聞いたり、盛り上げたりということができませんでした。

相手の歌も聞かないと失礼だと思って、急いで曲を決めようとは思ったのですが、
二人で行くと自分が歌う機会が多く
すぐに歌いたい曲がなくなってしまいます。

カラオケでは点数を出して楽しんでいましたが、
自信があって気持ち良く歌った曲に限って、
得点が低いことがありがっかりすることも多かったです。

歌い終わってすっきりと思っているところに、
点数が出されたらその結果で気分が左右されてしまうことがあります。

彼氏は私とカラオケに行って初めて得点を出す形で歌ったのですが、
自分の得点があまりにも低いので初めは少し落ち込んでいました。

また飲み会などの後に大勢でカラオケに行くこともあったのですが、
いけていない男子に限ってバラードを歌います。
歌詞に酔って歌っているのを聞くと、ドン引きしてしまって、
その場から逃げだしたいなという気持ちになっていました。

そんなこんなで鍛えたカラオケの腕、まあシンガーの腕を、
ライブハウス 大阪 ボルケーノでのカラオケ大会で試してきました。

とりあえず、やっぱりレベル高いわ!って事ですね。
バンドをしていたときは、私ってすげーボーカルでしょ、とか思ってましたけど、
完全に井の中の蛙でした。大海を知らず、ですね。

バンドをしていた自体のバンドスコアも、だいぶ邪魔になってきたので、
バンドスコア買取で有名なお店に買い取りに出しました。

スッキリとした部屋でしっかりと発声練習でもします!